省エネ効果が格段に高まるエアーズロック|ダイワ・ハグノック

エアーズロックの性能・概要

  • トップ >
  • エアーズロックの性能・概要

高い遮断性で防虫・防塵効果を高めたエアーズロック

高い遮断性で防虫・防塵効果を高めたエアーズロック

エアーズロックの最大の特長は、両サイドから吹き出す気流で、空気の壁を作り、外気を遮断するシステムです。従来のエアカーテンよりも高い遮断性があり、防虫・防塵効果を高め、冷暖気の流れを遮断し、室内の温度を一定に保つことが可能です。福岡市のダイワ・ハグノックが開発したエアーズロックの機能についてご紹介します。

エアーズロックの特長・概要

左右から吹き出す気流で外気をシャットアウト

エアーズロックは室内と外部の空気の流れを遮断し、まるで透明なシャッターのような機能を持つ空気循環システム機器です。従来のエアカーテンの空気循環方式は上下、または横吹き出し式で一方向のため、気流が乱れやすく遮断性能が十分発揮されませんでした。
エアーズロックはこの課題を解決するために、左右に設置されたエルボから吹き出す層流で空気の壁を作る空気循環方式を採用し、より効果的で高い遮断性を実現しました。

左右から吹き出す空気で外気をシャットアウト

省エネ効果と防塵効果に優れたAirs Lockシリーズ

「エアーズロック」は、エアカーテンとはまったく異なる気流を形成し、遮断効果をアップさせる画期的な商品です。

「エアーズロック」の実験映像です。
スロービデオでその効果をお確かめ下さい。

循環気流の実験動画

独自の流層で「大気の壁」をつくり、外部と内部の境界部で起こる空気の出入りを遮断します。エアーズロックの魅力をご覧ください。

「エアーズロック」の実験映像です。
循環気流のプッシュ・プルを可視化しました。

製品の概要

エアーズロックのスペック

※表は左右にスクロールして確認することができます。

型式 H=高さ W=内幅 L=奥行(単位:mm) 公称出力
DH-2100-2000-400 2100H×2000W×600L 400W×2台
DH-2500-2500-500 2500H×2500W×700L 750W×2台
DH-2800-2500-500 2800H×2500W×700L 750W×2台

エアーズロックのスペック

気流状態のイメージ

エアーズロックは両サイドから気流が起きる「双方向層流」が最大の特長です。乱流が起きないので、空気の漏洩が少ないのです。エアーズロックの設置で、「遮断力」、「捕集力」、「吸引力」が大幅にアップします。実際の気流の動きから確認することができます。

エアーズロック導入における冷蔵庫扉の気流の変化

温度差が30度ある、5度の冷蔵庫と-25度の冷凍庫を仕切る扉付近の気流の変化を可視化した画像です。エアーズロック導入前と導入後で、外部に漏れ出していた冷気が遮断されている様子が分かります。

導入前 導入後
導入前 導入後
冷凍庫内から冷気が逃げている様子が分かります。このため、冷蔵庫内の温度にも変化が見られます。 気流に乱れがなく、冷気が遮断された状態です。冷気が逃げないため、冷凍庫内の温度変化も最小限に抑えられます。
導入前
導入前
冷凍庫内から冷気が逃げている様子が分かります。このため、冷蔵庫内の温度にも変化が見られます。
導入後
導入後
気流に乱れがなく、冷気が完全に遮断された状態です。冷気が逃げないため、冷凍庫内の温度変化も最小限に抑えられます。

【実用例】 塗装ブース

エアーズロックはクラス10,000以上の清浄度で、クリーンな空間を実現することができます。エアーズロックの実際の導入方法を塗装ブースの実用例からご紹介します。

お客様のニーズ・問題点
吸引塗装クリーンブース内に外部から塵が侵入し、発生した塗装不良を改善するため、塗装ブース内の清浄を行う必要がありました。
ダイワ・ハグノックから対策をご提案
プッシュフル式下方吸引塗装クリーンブースの出入口にエアーズロックを取り付け、塗装ブースと外気を遮断し、塵の侵入を防ぐことをご提案しました。
エアーズロック導入後の結果
エアーズロックによる風圧調整、完全密封が成功し、塗装ブース内に塵が侵入するのを阻止できました。副次効果として風を誘引し、換気がスムーズになり、室内に浮遊する塵の数を減少させ、ブース内のクラス10,000以上(Federal Standard 209E)の清浄度を実現しました。これにより微細な塵による塗装ムラが減少し、塗装不良の改善に効果がありました。
外部からの塵除去効果イメージ図

外部からの塵除去効果イメージ図

エアーズロックの特長がよく分かるサンプルDVDをご用意しています。ご要望のお客様は以下のページからご請求ください。

サンプルDVDご請求はこちらから

お見積もり、査定のご依頼、お問い合わせは以下のページからお願い致します。

お見積もり・査定依頼はこちらから

to top